ホーム > 温泉 > 公衆浴場 亀の湯

温泉

温泉のまち、鹿部町。ほっと一息ついてのんびりできる温泉をご紹介。

鹿部町のヘアサロンこちら日ごろの疲れを癒し、ゆっくりとした時間を過ごすことができる宿泊施設や、大迫力の間歇泉を目の前に見ることができる足湯まで、さまざまな入浴施設があります。
仕事や家事で忙しい毎日にちょっと疲れたら、鹿部温泉でリラックスしてみませんか?
日帰り以外にも<宿泊施設>もございますので、ぜひご利用ください。

鹿部温泉とは?

寛文6(1666)年、津軽(現・青森県)から訪れた伊藤源五郎は、温泉で傷を癒す一頭の鹿に遭遇します。そこで鹿島明神信仰者の源五郎はここに温泉場を設置、やがて鹿部の湯は多くの人々に知られることになりました。
これが鹿部温泉の由来といわれています。

  • 循環とは・・・温泉を循環濾過により、浴槽水の不純物除去後に、再び浴槽に戻すこと。
  • 加水とは・・・天然温泉(源泉)が、入浴するには温度が高すぎ、適温ではないとき、入浴する温度まで下げるために水を加えること。

より大きな地図で 温泉 を表示

昔と変わらない熱めのお湯は、今でも地元民に愛用されている。源泉は医者も太鼓判を押す程皮膚に良く、飲泉も可能。

  • shop_e_img01
  • shop_e_img02
泉質 ナトリウム-塩化物泉
適応症 神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・疲労回復・ 慢性消化器病・痔疾・冷え症・病後回復期・健康増進・虚弱児童・慢性皮膚病・慢性婦人病・ きりきず・やけど・動脈硬化症
温泉 加水 露天風呂 -
シャンプー
リンス
石鹸販売(100円) タオル 販売 (フェイスタオル210円)
サウナ - ドライヤー -
  • 営業時間6:00~17:00
  • 休日毎週水曜日(祝日の場合は営業)
  • 料金大人¥440、小人¥140、幼児¥70
  • 住所北海道茅部郡鹿部町字鹿部30-10
  • TEL01372-7-2300

公衆浴場 亀の湯 関連情報


より大きな地図で 温泉 を表示


観光パンフレットダウンロード

このページのトップへ